飲食店の売上を上げるなら|コンサルティング会社に相談しよう

多彩な機能と導入費用

レジスター

導入しやすい金額

商品の取扱数と販売数が多いほど重要となる単品管理ですが、手計算による集計は困難となってきます。そこで利用されているのがポスレジで、お会計機能のほか、商品から勤怠までさまざまな管理に対応可能です。ポスレジにはタイプがあり、複数の機器でつながれたネットワーク型、端末のみで動く単体型に分かれています。ネットワーク型のポスレジは大規模な企業や支店を持つ商業施設に多く見られ、本部が親となって子である支店のデータ管理を行う仕組みです。支店でも独自にデータ登録・消去・閲覧ができるため、制限を設けないかぎり自由な操作が可能となり、現場スタッフの発注や管理に生かせるでしょう。費用はポスレジ台数によって大きく変化し、ネットワーク構築・ソフトウェア・サポートなどで全体の金額が決定されます。一例としては、ポスレジ一式が30万円前後、ソフトウェアと設置・設定がそれぞれ3万円から5万円です。また、プランやリースによって費用が大きく異なりますが、全体的に負担が大きすぎず導入しやすい傾向が見られます。近年になって急速に広まっているのがタブレットのポスレジで、専用端末だけでなく市販品端末がそのまま使用できるタイプです。コンパクトサイズであることから、飲食店や診療所といったひとりひとり対応する業種に適し、レジスペースの削減にも有効となります。費用の一例としては市販端末が3万円前後から10万円前後、プリンター類が各約5万円、キャッシュドロアが約2万円です。ソフトウェアの使用料は月々5千円から1万円のところが多く、関連アプリ追加によるカスタマイズも可能となっています。